家庭でRedmine、その後... ~嵐の前の....~

前書き

redmine.tokyoでLTをした事例。

www.slideshare.net

この中で、日々の学校の宿題・次の日の支度などの習慣をつけるため、子供たち(上:娘、下:息子)と試行錯誤をしてたどり着いたカンバン施策までの道のりを紹介しています。

これはほぼ1年前。

 

ここからだいぶ姿が変わってきました。

少しだけ(勝手に)ご紹介していきたいと思います。

 

目的

「困りごとを最小限にする」

年齢以上のことができることはゴールではありません。むしろ邪魔になるかもしれません。

私は、

【子供には今しかできない遊びや体験をしながら、困りごとをなくすための施策自体を楽しむ姿勢を小さいころからはぐくむ。】

を育児方針としてやってきました。

これは、これからも変わらないかなぁ。。。

そして、一緒に自分も成長できるので、みんなで一つのチームです。

(背景にはもう一つ大きな目的があるのですが、いずれ...書くかもしれません)

 

First TRYから現在まで

その後に近いものを、以下で発表しました。

【事例1】の内容です。(P33-35)

www.slideshare.net

 

1年目

1年目は、上の子が一年生になるときに、毎日やることを体で覚えてもらうために、同じ時間に同じ内容をやるような働きかけをしました。

下の子は年中さん。

1年生への助走をつけるタイミングとして最適。

「できた!」

「すごいね!ひとりでできたの??お母さんは毎日部長におこられてるよ~」

こんなやり取りで場を明るくしながら(?)習慣を身に着けていきました。

 

 

2年目

口頭確認でのストレスが最高潮・半端なくなってきました。

ここで、登場していただいたのが、チェックリスト。

リストを作成して、毎日子供とチェックをしながら、その中に絵をかいたり感想を書いたり。

交換日記のようで、楽しんで実施しました。

この施策の最後のほうでは、娘から進んでチェックリストを作成し、自分のお気に入りのキャラクターを周りに書いて可愛くするカイゼン(笑)までしてくれていました。

昨年より、確認の回数がぐっと減りました。

チームとしての成熟度が上がってきました(笑)。

 

 

3年目

チェックリストも形骸化します。

子供たちは飽きる生き物です。

ここで、取り入れたのがポケモン施策&夏休み宿題Redmine管理。

ここは、上記redmine.tokyoのLTで詳細をご紹介しております。

Redmineで安定するかと思いきや、家の中にあるRedmine端末が、子供たちの動線から離れていたため、定着せず。そして、2年目のカンバン+施策へ落ち着きました。

付箋で移動する➡シールチェックと、変遷しました。

目的を失わなければ、ツールは何でもよいのです。

確認回数は、1週間に2回。土日はやはりダレてしまうようで、口頭確認必須。

時間確認をしながら。

平日は、流れ作業のように、体で覚えてくれたようです。目的八割達成です。

それどころか、わすれんぼうさんの弟を姉がしっかりフォローするようになりました。

ここから、ぷちサーヴァントリーダーシップ風な流れに。

サブリーダの心が芽生えてくれたのでしょうか(汗)

母がだらしがないと、子供はしっかりしてくるものですね....

 

 

4年目

 息子は相変わらずカンバン使用ですが、娘はタブレットを操れるようになってから、Redmineスマホで見れるアプリを使って自ら更新するようになりました。

発行忘れていると、チケットタイトルにちゃんと、「宿題」とか「塾の課題」とかを入れて発行して、完了ステータスへ。

やってくれるようになってから、セルフマネジメントが始まりました。

 

夏休みには、ダレないような施策を入れてみました。

子供たちとインセプションデッキを作り、ゴールを明確にして、何をやる・やらないを導出してみました。

この内容については、どこかのLTでやる予定です。(笑)

 

ここ数週間

ここは、LTが終わってから詳細を書こうかと思っています。

端的に書くと、プロセスの変遷。

目的の変化。成熟度向上。こんなところでちょうか。

 

つづく

 

映画【鉄コン筋クリート】2006年公開

かなり久しぶりに見返したくなった映画。

そろそろ、娘にも見せられるかな。

www.tekkon.net

 

本当にすっばらしい映画だと思う。

多くの人に見てほしい!

見た当時に書いた感想をそのまま掲載。

 

ーーーーーーーーーー

勝手に自己評価・・・90/100.

 

「クロにないネジ、シロがみんなもってる!」

 

非常に、おもしろかった。大好きなネタの映画だった。
5年くらい前にみた映画、「ヘドウイグ・アンド・アングリーインチ」とにた映画。こちらはアニメ、向こうは洋画。

 

Looking for missing half.

 

自分の相棒を探す旅でもありましたが、本当の自分を探す旅。
すごく好きです、こういう設定。
どちらが欠けてもなりたたない。
鍵を必ずどちらかがもっており、二人でひとつの完全体となる。

途中、ばらばらに行動しなければならなくなったときの両者の崩壊ぶりが映像で非常にリアルに描かれていた。
壊れている過程。
寸前にたてなおそうとするが、闇に奪われていく自我。
一緒になったとき、涙で我を取り戻す。
ひとつにやっと戻る一瞬。

 

「僕を探して」という、アメリカの本を、昔よんで、いたく感動しました。
絵本なんですが、奥が深すぎる絵本なんです。
一部がかけたパックマンのような生き物が、かけている部分を探しにいくという、簡単なストーリーですが`...


人によって、その「かけている部分」の認識が違うはずです。
読んで、知らないうちに、涙があふれてきました。
シロとクロの関係は、この「僕を探して」の、かけらと本体のような関係だったんだなぁ、と思います。

 

「もちも~ち、こちら、地球星、シロ隊員。応答ちぇよ~」

 

この内容...もし、自分に子供ができたら。

その子供たちは果たして分かるのだろうか・・・
おそらく、押井監督や、大友監督の作品が好きな人が、この映画を見るととてもうれしく思うのではないかと思います。

 

そういう人に、オススメ。
何年かたって、大切な人を見つけ、実感したとき。
もう一度みてみたい。

 

長文、お付き合いしてくださった方ありがとうございました!

 

シンプルでいいんだよ

私が望む人との関係って、簡単で単純。

 

1+1=2

 

たったこれだけ、

1と1は当然、独立な関係。

a1はa2ではないし、かぶってもいない。

他人に期待するのは自分の勝手。その通りにならなくたって自分が一人で望んでいたことであって、それを相手がやらないと怒るのはただの責任の押し付け。

 

自分は自分。

好きだ嫌いだという感情はもってもよいけれど、それが共鳴しない限り、押し付けるのはおかしい。

自分というスコープ内で願うだけなら、だれにも迷惑をかけない。

それに伴う結果を自分以外に求めるのは、やっぱり違うと思う。

 

このスタートラインにたててはじめて、自分を自分と認められるし、自己受容ができるんだと思う。

 

依存したままでは先に進めない。

 

私は悩んでいる人、困っている人によりそって一緒に考えたり解決策を探したりする人になりたい、と小学生のころから願っていた。

この間、小学校の卒業文集をみて、びっくりした。

30年以上気持ちは変わっていないんだな、と。

 

シンプルで純粋で素直だった時代から変わっていない。

 

だから、改めて思う。

シンプルになっていけばいいのに、と。

自然の摂理に従って、シンプルに佇む。

 

怒りをぶつけられたら、力を加えて抵抗するのではなく、風が吹いたら竹がしなうように、あやまる。

うれしいと思ったら、そのまま素直に出す。

シンプルに。

 

自分を飾る必要はないんだよ。

引力のある所に集まるから。

魅力は力、引力。

 

シンプルに。

 

ただそれだけでいればいいんじゃないかな・・・。

極めれば無駄がなくなる。

楽になる。

映画「ポロック 二人だけのアトリエ」

15年前にみた映画。当時書いた感想そのまま掲載。

ポロックの画集を買って、久しぶりに感想を開いた。

30歳のころに書いた文章。

相変わらず小並感だなぁ・・・。

 

トム・ウェイツの曲も久しぶりに聞きたくなった。

 

ーーーーーーーーーー

2003年公開作品。評価は・・・78/100.

エド・ハリスの渾身の演技に脱帽!絵を描くシーンのために、10年もかけて、ポロックの絵画スタイルを身につけたらしい。すごい!


すさまじい人生を送ったポロック。この映画の哲学性を見抜いて、曲を提供したトム・ウェイツ。人生の刹那な時間との戦いにおいて、勝敗はない。

人それぞれが生きている意味が有ると見出せれば、それはそれで意義ある人生になっているのだ、というメッセージ。

人は孤独の中に生き、死んでしまう。でも、それを美学のような切ない曲に昇華させたトム・ウェイツ、すごいとしか言いようがない。


トムウェイツは、哲学的な曲を多くつくっている。

この間、国際フォーラムでみた「ヴォイツェク」というオペラは、全編がトムウェイツの曲で、その世界観を舞台で表している。

衝撃的な作品だった。


人は一人では生きられず、また、自分のエゴだけを主張して貫き通すこともできない。自分の人生だが、制限はある。

その制限の中で、それぞれが人生の喜怒哀楽を見つけ、その中から最上のものをえられた時に、達成感を見出す。

時にははみ出し、快楽に溺れ、そのまま溺死してしまう・・・

その状態にあったのが、ポロックなのかなぁ・・と私は思いました。


ポロック固有の人生観が現れている抽象画は、理解できない。

でも、理解するのではなくて、その絵の中から、自分なりに何か見つけ出せれば、ポロックが言いたかったこと・表現したいことと相違があっても、自分にとっての「意義」になるんじゃないのかと思う。

いえることは・・・芸術家は難しい。

特異な人生を送るものなんだなぁ、ということです。

いい作品をみれてうれしかった。

 


ストーリー***********************


 1949年8月、『ライフ』誌に全段抜きの見出しが躍った。

――“ジャクソン・ポロック:米国で最も偉大な画家か?”

 記事にはカンヴァスをバックにポーズをとる彼の写真が添えられていた。

着古した黒のジャケットにブルー・ジーンズをはいたポロックは、挑戦的に胸の前で腕を組んでいた。

 彼はあまりに鋭敏でピュアな感性のゆえに、自らを表現せずにはいられない気持ちと世間をシャットアウトしたい思いとの間でせめぎあっていた。

そんな彼の心と創作を献身的に支えたのが女性アーティスト、リー・クラズナーだった。だが、ポロックの脆い精神はやがてきりもみ降下を始める。


 そして、1956年夏のある霧の晩、酒を飲み、二人の女性を乗せてイースト・ハンプトンの道路を疾走していたポロックは、路傍の木に激突して44年の

生涯を閉じた。人は彼を“アート界のジェームズ・ディーン”と呼んだ……。

彼の〈死〉は自殺か事故か?

 その謎は観客にゆだねられることになるのだが──。


***************************

派生開発カンファレンス2018 ~清水代表を偲ぶ 対談 ペアXDDP~

派生開発カンファレンス2018 2本目。

1本目はこちら。

 

okandayo.hatenablog.com

 

この基調対談は涙なしでは聴講することができませんでした。

特に最後のほうは泣いてしまって全然メモできず、尻切れトンボ・・・--;

ご容赦ください。

 

基調対談

 

清水代表を偲ぶ ~ペアXDDPに込めた清水代表の想いに迫る~

講演者:

  • (株)エクスモーション 梶本 和博(以降、梶)
  • (株)デンソー技研センター 古畑 慶次(以降、古)
  • (株)エクスモーション 渡辺 博之(以降、渡)
  • (株)プロセスデザインエージェント 芝本 秀徳 (以降、芝)

梶)

「ペアXDDP」

XDDPのしくみ+レビューアで行う。

レビューアは、適切なスキルのある人をアサイン。

この仕組みには、技術伝承、廃れない、品質・・・への想いを感じる。

「IoTに対応できるエンジニアがいない!」

 

芝)

 日本の競争力の源「設計」。これを容易にオフショアしてしまっている。

部分最適なところでしか勝負できなくなってきている。

このペアXDDPは、ベテラン技術者の尊厳を取り戻す技術だ。

以下、清水さんの資料

現場でどう取り戻していくか

もう派生開発だけでは勝てない

開発能力をもった組織に立て直す。

機能追加で仕様化技術と設計技術

・モジュールの尺度など品質の作りこみを習得する

リファクタリングを通じて「あるべき姿」を手に入れる

 

 渡)

「スマート」代表例として、テスラを考える。

HW一つ、SWでバリエーションを出している。

「どうやってSWで楽をしていくか」という目線が必要。

「SWのグランドデザイン」「SWの使いどころ戦略」ができる人が不足している。

MBDやっている人はいるが、レバレッジできていない。

”時間がない”ーーー

土壌は作られているが、整地をしていて続いていない。

 

古)

清水さんが心配していたこと

・SW産業 :日本のSW産業を何とかしていかなければ!

・SW技術 :適切な技術者が現場にいない!

・SW技術者:本来の仕事をしていない!

 

芝)

清水さんの教えに触れたのは技術者のころ。

カーナビプロジェクトの中で、デスマーチ、休日出勤・・・どうにかならないかとおもっていた。

そんな時に、清水さんがコンサルとして来てくれた。

コンサルスタイル:AM講座、PM個別コンサル。

最初は「プロセス」なんて!と思っていた。技術力があってこそだろ?と思っていた。

そんな流れで、講座への足は遠のいていった。

ーーふと、ある日気が付く。技術力のある人は多くいる。でも、不具合は減らない。

 そして、また清水さんの講座を受け始めた。

その中で、特に覚えている二つの言葉。

「ORではない。ANDだ。」

⇒清水さん:技術力だけじゃない。そのスキルを使いこなすプロセスが必要である。

「2年やりなさい」

⇒清水さん:やりたいことがあるなら、2年必死でやりなさい。ぼくは39歳までがピークだった。そこまでは頑張れるはずだよ。

 

「変革管理」

価値ある部分を捨てずに追及していってほしい。

 

渡)

清水さんはエバンジェリスト

「水槽の大きさは、人の限界とリンクする。狭く感じたら、水槽を変えたほうが良い」

⇒清水さんにこう言われ、会社の中で限界を感じていた自分は転職・・起業に踏み切った。

 

XDDPの伝承者がたくさんいる。もっとこれからは広げていきたい。

 

古)

清水さんに育てられた。

「機会を与えただけ。そこまでできたのは自分で努力した結果だよ」

清水さんからそういわれた。

 

清水さんから言ってもらった言葉で覚えている言葉みっつ。

・汝は画れり

「本当に力の足りない者なら、今までついてこれず、途中で力尽きてしまっているはずだ。お前は自分で自分の能力に見限りをつけ、自分は駄目だと思い込んでいるに過ぎないのだ」

・肯定眼

 

・能動

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまでしかメモすることができませんでした。

古畑さんの、清水さんとの想いで、清水さんの想い伝承、これから先にどうしていくべきかを語られていたのに、大泣きでレポート用紙がびちょびちょ。。

 

もっと、ちゃんとお伝えできればいいのに・・・申し訳ないです。

 

清水さんが心配、憂いていた日本の現状。

 

日本を盛り上げていきたい、技術伝承したい、もっと良くなるはずだ、日本はこんなもんじゃない!

そういう想いが、affordの方々へは伝わっていて、その思いがあふれ出ていたカンファレンスでした。

 

こんな素敵なカンファレンスは今まで経験したことがありませんでした。

人を魅了し、技術力や牽引力、すべてにおいてカリスマだった清水代表。

 

カンファレンスに登壇するひとも、聴講した人にも、みんなに伝わっています。

本当に素敵なカンファレンスをありがとうございました。

 

最後に。

 

清水さん、これからも大好きです。

 

派生開発カンファレンス2018 事例発表編

 派生開発カンファレンスに参加した。

概要はこちら。

「派生開発カンファレンス2018」開催報告

 

昨年は大阪だったが、今年は横浜に戻ってきてくれたので、参加。

今年はいろいろと感慨深い年としての開催だったかもしれない。

それは、プログラムにも表れている。

「派生開発カンファレンス2018」プログラム

清水代表を偲ぶ」・・・ここの対談は、また別のブログにまとめようと思う。

 

事例発表部分の簡単な私的見解満載の紹介ですが、参加されていない方などの参考に少しでもなりましたら幸いです。

上記プログラム内に、発表された資料も掲載してあります!!

 

 派生開発カンファレンス

 

私が参加したプログラム

  1.  XDDP導入に躊躇する開発チームへのアシストとは
       アンリツエンジニアリング(株) 中村 勝志
  2. USDMでマネジメントシステムを派生開発する
    国際標準規格(ISO/IEC/IEEE29119)を組織標準に的確に取り込む改訂作業を例に
    IT検証産業協会 林 祥一
  3. 私が始めた“働き方改革”~USDM、PFDで仕事は変わる!~
    (株)デンソー 石井 育美、古畑 慶次
  4. スクラムXの提案 
    ~MDD/MBD開発へアジャイルXDDP適用提案、および、ライトなUSDMの提案~
    派生開発推進協議会 T6研究会  佐々木 俊正

 

私見満載の所感


 清水吉男さんが考案なさったXDDP。この手法の 支援ツールといわれている「PFD」「トレーサビリティマトリクス(TM)」「USDM」。

この支援ツールを使いながら、変更設計書などの成果物を作成することで混乱やリスクをなるべくつぶしていく。しかしながら、短納期の要求などもあって、XDDP「3点セット」をフルセットで作成する時間、スキル確保をする余裕などがない現場が多い。
 そんな背景からか、各支援ツールや成果物を「部分最適で」利用する事例発表が増えてきた。今年の事例は、XDDPでのお作法を別の目的で使ってみた、というものが多かった。
 
 市場の流れが速いビジネスドメインが多く、成果物の作成を効率的にしたり、設計のやり方・プロセスのあり方に注目をしている部門・プロジェクトが多くなってきている。そういった「効率化」「ある手法のほかドメイン・目的への転用」などに注目すべき時期に来ていると思う。
 
 昨年11月に清水さんが逝去され、残された思想・ツールなどは今後さまざまな場所で改良され、その事例も多く発表されていくものと思われる。

特にUSDM、PFDは流用領域が大きいので、今後の事例には、今まで以上にキャッチアップしていく必要がある。


個別感想

 1.XDDP導入に躊躇する開発チームへのアシストとは 

http://affordd.jp/conference2018/affordd_conference2018_p1.pdf


  EPGの改善活動の心得的な内容だった。共感できる内容だった。
  • XDDPの導入を躊躇するチームの導入「アシスト」にフォーカスした発表
  • 「サポート」ではなく、「アシスト」
    伴走者として、一緒に中に入ってXDDP手法を導入する。共同責任を負う。
  • 改善活動をするときに、部門から出る言葉「失敗したら誰の責任?」
    ⇒上長を巻き込み、アシストチームが合意にもって行き、改善を行う土壌を作る
  • 改善内容(XDDP導入)のやる気を向上させる
    ⇒・行動をほめる、ひたすらほめる。
     ・困っているところを見つけ、積極的に解決への道筋を作っていく⇒信頼される
  • 一番の成功ポイント:始める前に、キックオフを行い、なぜXDDPを導入したいのか、という問題を共有でき、少しでも疑問をいただくメンバーには納得いくまで話をした。何のためにやっているのか、を合意できたことである。
 
2.USDMでマネジメントシステムを派生開発する
 国際標準規格(ISO/IEC/IEEE29119)を組織標準に的確に取り込む改訂作業を例に
 
国際標準29119をUSDMに落とし込んだという事例発表。
特に、国際標準は、手段ばかりが書いてあり、理由が書いていない。
その理由を考えて埋めていくことが一番苦労した点だったとのこと。
この事例発表が自分にとっては一番のヒットだった。
自分の仕事への適用も密かに計画をすすめていこう・・・。
 
  • マネジメントシステムの派生開発。ヌケモレのない品質保証ができるか?
  • 9119は、汎用的なフォーマットとしてモデルとして規定しているので、Beforeが作れない。想定できる具体的な仕様がはっきりしている”もの(対象)”がないから。ここが、XDDPの支援ツールを使うということで苦労した部分。
  • USDMの「理由」を書くところは、自分たちで考える。目的と理由が取り違えられやすい。目的は復元する。
  • 「29119で規定されているから」は理由ではない。プロセスを守ってやることが目的と書いてあるが、違うと考えている。理由は、要求の出どころである。目的ではない。(「~のため、~する」の「~のため」にはきれいごとしか書かれない。)

   

3.私が始めた“働き方改革”~USDM、PFDで仕事は変わる!~

http://affordd.jp/conference2018/affordd_conference2018_p3.pdf


   
仕事のプロセスをPFDを使って見える化し、無駄の排除、コミュニケーションの効率化を図ったという事例発表。石井さんという方は、総務の2年目の方だとのこと。そういった、技術部門ではないところでもXDDPの支援ツールは使えるんですよ、ということを証明する事例発表だった。内容がとてもよいものだった。
   
      
4.スクラムXの提案 
 ~MDD/MBD開発へアジャイルXDDP適用提案、および、ライトなUSDMの提案~

http://affordd.jp/conference2018/affordd_conference2018_p5.pdf

 

この発表の中で興味深かったのは、アジャイルUSDM。

実際に、アジャイルじゃない現場でこれをつかうとどうなるのかやってみたい気がした。(天邪鬼)

アジャイルUSDMは、ツイッターでチョットつぶやいたら、反応がすごかった!

 

   ・スクラムX スカウターが影響範囲を見極める。

  ・アジャイルUSDM ユーザストーリーをふるまい観点形式でうめていく。

  ・モデルで影響範囲分析をする

  ・モデルベース開発 変更設計書はモデルレベルまで記載をした。

 

 いじょ!

 

褒め活・・・改め、パンダラー・・・してみたお。

事件は、ツイートからはじまった。

 褒めるっていいよね、ほめられたいよね~というツイートから。

 なら、やってみる? 

・・・というわけで、4/25に、品川で7人で開催してみたお。

 

目次

  

導入

実際、褒め活なんてやったことがない。

意識してみんなで、この場は褒めましょう~!なんて、こっぱずかしいことをやったことがない。

なので、ちょっと調べてみた。

ちょっと「褒め活」でググっただけでも、出てくる出てくる・・・

「褒め活」の本、「褒め達検定」、「褒めゲーム」などなど・・・

本は、こちら。

https://www.amazon.co.jp/褒め活-―-褒め言葉はタダでできる最高のプレゼント-堀向-勇希/dp/4909298037

買ってみようかな・・・。

 

 

内容

初めてだったが、とりあえず調べたところで気になる部分を勝手に合わせ技で

やってみることにした。

 

気を付けたこと

以下にだけ気をつけた。褒める、というやり方やチームビルディング、KPTなどのやり方としても共通していることかもしれない。

  • disらない
  • 笑顔
  • 拍手
  • 共感
  • どんどん感動を伝える

 手順

 自己紹介という形で一人一人、自分を振り返ってもらった。

  • 名前
  • 仕事とか
  • 長所
  • 短所

  突然ふったので、自分の長所・短所を言うのに時間がかかる人もいた。

自分を振り返っていくというのは、常日頃できるものではないかもしれません。

でも、かなしいこと、うれしいこと・・・それらを抽象化すると、自分が見えてくる。

そう思いました。

 

みんなの反応

 ひとこと。「パンダラー!」

意味がわからねぇとおもうが、とにかくすごい破壊力だったんだ・・・。

 

 

なんだかわからないけれど、終始笑顔と意味の分からない言葉が飛び交っていた。

 

 

感想

 私は、こんな感想をもった。「褒めることが大事なんじゃない」。

大事なのは、ここなんじゃないかと改めて思った。

  • まずは、自分。自己理解。
  • 自分を素直に表現できること
  • 自分を認め、理解すること
  • 疲れたら休めるくらいに自分をいたわれること

自分をわかっていない、余裕がない、素直じゃない・・・こんな状況では、相手を褒めるとか言ったって、自分のマイナス部分のバイアスがかかる。これらはすべてノイズ。

素直であること。純粋であること。

この前提があって、すべてが本物になる。そう思う。

ツイートに以下のように残してみた。

 

苦せずとも、ことばが出てくるとき。

それは、自然に任せた状態になっていて、無駄がない。

余計な作用が入っていない、そんな状態なんだと思う。

 

ということで、本質がだんだんみえてきたなぁ~と思いました。

2回目も・・・今度はもっとちゃんとした手順を勉強してやってみたいな。